京都大学 平成30年度 パラボリックフライト実験 パラボリックフライトを用いた微小重力環境における時空間認知を分析する研究教育活動

学生搭乗者募集   ※本年度の募集は7月2日から開始します

本事業では、航空機による放物線飛行により約20秒の微小重力状態を数回作り出すパラボリックフライトを利用した実験を10月と12月に行い、 搭乗する学生を2回に分けて合計10名募集いたします。 本事業は、 文科省の宇宙航空科学技術推進委託費ならびに科研費特別推進研究(16H06283)の支援を得ておこなわれます。

お知らせ
2018年2月10・11日
第11回宇宙ユニットシンポジウム「人類は宇宙人になれるか?―宇宙教育を通じた挑戦―」にて、このパラボリックフライトの結果報告をおこないました。 松沢哲郎氏(京都大学高等研究院特別教授/宇宙総合学研究ユニット)による講演時に使用されたプレゼンテーションファイルがこちら(PDFファイル/7.9MB)で、ご覧いただけます。
2018年2月01日
宇宙総合学研究ユニットNEWS 2018年2月号が刊行されました。友永雅己氏(京都大学霊長類研究所教授/宇宙総合学研究ユニット)による読み物「比較認知科学者は宇宙をめざす」がこちらで、ご覧いただけます。
2017年12月08日
第1回目パラボリックフライトの体験報告が、 英文雑誌Primatesの巻頭エッセイとして掲載されました。 リンク先ページで、記事全文の閲覧やダウンロードができます。
http://rdcu.be/AEIz

'17.
10.28

パラボリックフライト第1回目

パラボリックフライト 10月28日

第1回目募集の詳細を見る

10月28日 パラボリックフライトをおこないました。
10月7日 事前説明会をおこないました。
9月11日 5名の搭乗者および補欠2名を決定しました。
9月06日 2次選考をおこないました。
8月24日 1次選考の結果を発表いたしました。
7月28日 応募受付を開始しました。

'17.
12.16

パラボリックフライト第2回目

パラボリックフライト 2回目

12月16日 パラボリックフライトをおこないました。
12月 3日 事前説明会をおこないました。
11月10日 2次選考の結果を発表しました。
11月 3日 2次選考をおこないました。
10月20日 1次選考の結果を発表しました。
9月30日 応募受付を終了しました。
9月16日 応募受付を開始しました。

'18.
2.10-2.11

第11回宇宙ユニットシンポジウム
「人類は宇宙人になれるか?―宇宙教育を通じた挑戦―」

第11回宇宙ユニットシンポジウム
日時:
2018年2月10日(土)13:00-17:30、
2018年2月11日(日)10:00-17:30
会場:京都大学国際科学イノベーション棟

詳細は、宇宙ユニットWEBサイト (https://www.usss.kyoto-u.ac.jp/symposium11.html)でご確認ください。

宇宙ユニットシンポジウムの詳細を見る

Photos & Videos Gallery

動画:パラボリックフライトで微小重力状態を体験
動画:パラボリックフライトで微小重力状態を体験
第1回目のパラボリックフライト全スタッフ
2次審査:体力測定
2次審査:面接
2次審査:面接
動画:数字記憶課題をとくチンパンジーのアユム(※)

※ 2次審査の面接時に、性格検査と体力測定に加えて、認知科学課題(1.時間知覚課題、2.アユムがしているのと同じ記憶課題)を実施します。ただし面接以外のこれらの検査等は採否には影響しません。

記事・報道



京都新聞「無重力で人は何を思う?京大が実験、土井飛行士も参加」2017/07/26

共同通信 「ふわっと無重力で心変化? 京大、土井さんらが実証実験」2017/10/28
https://this.kiji.is/296909675764909153?c=39546741839462401

TobiiGlassを貸与いただいたトビー・テクノロジー株式会社のHPでニュースとして掲載されました。 2017/10/28
https://www.tobiipro.com/ja/news-events/latest-updates/glasse2_in_no_gravity/

パラボリックフライトに参加した学生の中里さんの記事が掲載されました。 2018/03/24
読売新聞(関西版夕刊)「土井さん教え子 宇宙へ一歩」